ブログ

メルマガバックナンバーVol.4:女性活躍推進上の課題 仮説の検証はしましたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BearLink News – Vol.4–
http://bearlink.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベアリンク 土元紀子です。こんにちは。

女性活躍推進の行動計画を立てる際、提出期限もタイトだったことから、
仮説に基づき、課題を設定、行動計画を立てられた企業も多かったことと思います。

女性の就業継続、活躍上の課題は、こういう原因だろう。

そこから仮説の検証が必要です。
仮説の検証には、社内の実際の声を聞くことです。

たまに、女性に意見を聞くと、要望や意見がありすぎて収集がつかないといって、
聞くのを躊躇されるケースがあります。

しかし、商品の改善をするのに、顧客の声を聞かずに改善するでしょうか?
社内を対象にした施策も同じです。

・何が就業継続の障害になっているか
・何が活躍することにブレーキをかけているか
・制度のどの部分が使いづらいと感じているか
・何が原因で管理職は、女性を活かしづらいと考えているか

こうだろう、という推測だけでは、ピントの外れた施策になりかねません。
ぜひ、意見を吸い上げ、その上で組織としての方向性を検討してください。

意見を吸い上げる方法としては、

・アンケート
・ヒアリング
・グループディスカッション

などがあります。

アンケートは、対少人数が多くても対応でき、広く浅く意見を吸い上げるのに有効です。
それを補うものとして、対象者を選定し、ヒアリングで本音の意見を吸い上げます。

また、グループディスカッションでは、グループで話しているうちに、真の職場の課題や本音が出たりします。

体験セミナーで実施したCHOICE GAMEもグループディスカッションで本音を吸い上げる
有効なツールです。

それぞれの特徴を活かし、現状を把握してください。

「意見を言う場自体が無かった。聞いてもらえるだけでうれしい」
とヒアリングだけで感激する方もいらっしゃいます。

せっかく取り組む施策。会社にとっても、従業員の方にとっても有効な施策となりますように。


「何を聞いたら良いのか、見当もつかない」
とおっしゃられるご担当者様。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「育休後社員の定着と活躍のための支援と体験セミナー」終了しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、「育休後社員の定着と活躍のための支援と体験セミナー」を開催いたしました。
3社3名の方という少人数でしたので、たくさん意見交換させていただくことができました。

特に、今回初お披露目だった「CHOICE GAME」も、みなさん興味を持っていただき、
気づきをお持ち帰りいただきました。

ご参加くださった方々ありがとうございました。

セミナーのご報告

http://bearlink.jp/blog/blog-160714/ ‎


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★印が前回からの追加更新の部分です。


◆ 女性活躍推進の導入・進め方

 女性活躍推進に取り組まれるにあたっての進め方をまとめております。
 既に進められているかと思いますが、モレが無いかチェック用としてお役立て
 いただけたら、うれしいです。

 ・あなたは何点?女性活躍推進担当者度チェック
  →http://bearlink.jp/blog/blog-check/

 ・女性活躍推進のステップとリーダーの役割
  →http://bearlink.jp/blog/stepleader/

 ・推進体制4つのパターンとメンバーの確保
  →http://bearlink.jp/blog/paternmember/

 ・女性活躍推進のステークホルダーと巻き込み計画
  →http://bearlink.jp/blog/stakeholder/

 ・やるべきことの洗い出しとスケジュール
 →http://bearlink.jp/blog/blog-taskschedule/

★・リスクの「視える化」
 →http://bearlink.jp/blog/riskplanning/

 これからも、コンテンツを増やしていく予定です。
 また、ご相談についても以下からお気軽にお声掛けください。
 
 お問合せフォーム → https://bearlink.sakura.ne.jp/inquiry

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集後記★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中学1年生の長男が、友達と夕飯を食べに、外食に行くと言い出しました。

私は最初、ムッとしました。

なぜか・・・

”お母さん、お父さんの中学生の時は、外食行くなんてことはしなかった”
私の価値観では、中学生が外食行くなんて、まだ早い。

でも、彼に反対する前に、こうも考えました。

「外食行くことで、何か不都合な点があるだろうか?」

特に無いのです。
ムッとしたのは、ん十年前の自分の「中学生とは」の価値観に子供を合わせたかった
からだけなのです。

色々な考え方はあるかもしれません。
ですが、我が家では
おこずかいの範囲で食べる、安全面や次の日の学校を考えて20時まで、という条件をつけて
OKしました。

多様な働き方を受け入れることも同じかもしれません。

「その働き方を認めたら、何か不都合はありますか?」

ルールを決めて、認めることはできませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
次回は、8月2日(火)に発行させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 編集・発行 】 ベアリンク
【発行責任者】 土元紀子
【 E-mail 】 info@bearlink.jp
【 Web 】 http://bearlink.jp/
【 Blog 】 http://bearlink.jp/blog/ (人事ご担当者向け)
    http://ameblo.jp/bearlink (育休後の方向け)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは、ご登録くださった皆様、及び土元紀子と名刺交換、お会いさせて
いただいた方々に送信させていただいております。
 
■登録・解除はこちらから→ http://mail.os7.biz/m/S9Rf
◇このメルマガの著作権は、ベアリンク、発行責任者・筆者の土元紀子に帰属します。
Copyright(c) 2016 BearLink All right

├メルマガ,7.ベアリンクについて/活動|trackback(0)

お電話でのお問い合わせ 00-0000-0000
メールでのお問い合わせ
category

過去1ヶ月人気の記事

月刊アーカイブ

  • 2018年2月
    « 2月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • amazon