レジリエンス研修~困難をしなやかに乗り越え、未来へ進む~

 

本人の為を思って、少し厳しく言うとパワーハラスメントだと言われる、またはある日突然来なくなってしまう。そんな声が多く聞かれるようになりました。

しかし、仕事では指導が必要な時や、乗り越えなければいけない困難や逆境は避けては通れません。折れない心を作り、諦めることなく粘り強く乗り越えて一回りも二回りも成長してもらいたいものです。

レジリエンスとは、精神的回復力、復元力、逆境力とも訳される心理学用語です。

レジリエンス研修で、叱られた時には響き改善ができ、また、困難や逆境、理不尽な出来事をしなやかに乗り越え、未来につなげるために主体的に行動できる力を強化します。

上司の「叱り方研修」と共にお考えいただきたい研修です。

レジリエンス研修で期待できる成果

  1. レジリエンスを強化するために必要な礎と力を知る
  2. コントロールできることと、出来ないことを知る
  3. レジリエンス強化に必要な考え方とスキルを身につける

レジリエンス研修の特徴

ご自身の課題で自ら考え、主体的にレジリエンスを強化する力をつける実践型のプログラムです。

  • 講師、受講者、受講者同士のワークショップ形式、双方向対話型で実施
  • 「知る」から「わかる」「できる」を促す実践形式

レジリエンス研修プログラム例

レジリエンス研修 1日(約6時間)プログラムの例(研修プログラムはお時間等によってカスタマイズが可能です)

  プログラム

1日

(約6時間)

【レジリエンス力のある社員とは】
・4つの礎
感情のコントロール・自己効力感・自立力・人間関係構築力
・3つの力
自分を振り返る(受け取る)力・失敗を未来につなげる力・上司(相手)のこころを聞く力
・社会人として求められるストレスマネジメントの能力を知る

【コントロールできることを腹に落とす】
・当事者意識と主体性で生きていくために根底にどんな意識を持つ必要があるのかを知る
・認めてもらえる、任せてもらえる、話を聞いてもらえるために自分がどうするか。

【パラダイムシフトを味方に付ける】
・過去、自分が経験した逆境(つらかったこと)を振り返る
・事実・思考(捉え方)・感情の流れを変える力を養い感情をコントロールする
・自分のブレーキを知る

【人間関係構築力をつける】
・周囲の人の行動傾向からアプローチのバリエーションを知る
・上司などの真意を聴く力を養う

【叱られた時の正しい対応】
・具体的なポイント

【未来に向った歩むために】
・セルフコーチングを身につける
・思考とこころの癖を直す!10のこころの癖
・すぐにできるセルフケア(物理的なこと)
・3つのリラクゼーションテクニック

【参加者で共有】
気付きのディスカッション  まとめ

 

レジリエンス研修 費用

15万円/1日(約6時間・税別)

半日の場合は、8万円/半日・約3時間(税別) となります。交通費、宿泊費等は別途申し受けます。

ご予算によりご相談に応じます。まずは、お気軽にお問い合わせください。

 

レジリエンス研修を受講された方の感想

・仕事がら内容的にこれまで学んできたことではあったが、大変分かりやすかった。
 さらにより深く説明していただいた上に、練習や事例を通して、実践にいかせる学びとなりました。

・部下とのコミュニケーションが課題だと感じていました。今日の研修を通して、自分自身の心のブレーキが大きく関わってきたことがわかりました。

・まず自分が変わること、自分ができることは何だろうと振り返りながらレジリエンスを身につけて行こうと思います。

・期待をはるかに超える有意義な研修でした!
 マイナスと捉えた事実も見方を変えれば成長の種であったこと、今、前に進んでいる事を確認できました。

・新しい視点を教えてくださって、本当に良かったです。

・事実、物事をしっかりとらえて、ポジティブな考え方をしていきたいと思いました。

・「過去と相手は変えられない!自分と未来は変えられる!」励みになりました。

・人と関わる中で、とても大切な考え方だと学ばせていただきました。
 いつも、もやもやとなかなか整理できない気持ちの片づけ方を教えてもらいました。

 

レジリエンス研修に関するお問合せはこちら