女性活躍推進に必須!女性部下へのキャリア構築支援のポイント

平成28年4月(2016年4月)から女性活躍推進法が施行されて、2年が過ぎました。

早くから取組みを始めている企業からは、着実に成果に結びついている、もしくは芽が出始めている声が聞かれます。

これからは、女性もますます長期的にキャリア構築をしていく時代です。

上司は、性別を問わず、部下のキャリア構築を支援していく姿勢が求められます。

しかし、女性のキャリア構築には、まだまだハードルの多いのも事実です。

今日は、女性部下のキャリアを支援する時のポイントについて書きます。

キャリアを描きづらい女性たち

終身雇用ではなくなった今、働く個人が主体的に自分のキャリアを考えるキャリアデザインが重視されるようになりました。

また、部下のキャリアに対する方向性の希望を知っておくことは、部下のマネジメントをする上でも重要です。

上司と部下が1対1で行う「キャリア面談」を実施されている企業もあるでしょう。

しかし、今まで培ってきたスキルや強みを棚卸し、明確に自分のビジョンを描けている人は多くはありません。

 

特に、女性は以下の要因や傾向がある場合が多いため、考えにくい方が多いようです。

  • 結婚、出産、育児、介護など計画を立てにくい要素がキャリア構築に大きく影響しやすい
  • 長期的に考えることが難しい(短期思考的)傾向にある
  • ロールモデルが少ないため、想像が難しい

 

この記事を書いている私も、会社員時代、1年に1回あったキャリア面談の記入用紙を前に、なんと書いてよいのか分からず、

”一生懸命仕事はするけど、3年後、5年後って先のことって言われても、想像なんてできない!”

困った挙句に出てくる答えが、「今の部署のまま、経験を積んでいきたい」という言葉でした。

 

両立して働きたい。に潜む罠

「将来、子供が出来ても、両立して働きたい」

出産をこれから迎える女性が口にする言葉です。

仕事とプライベートの両立について、若い女性社員が相談をしに来たと思ったら、子供ができたわけでも、結婚したわけでもなく、まだボーイフレンドもいなかった

というのは、フェイスブックCOO シェリルサンドバーグ氏の著書「LEAN IN」で紹介されているエピソードです。

研修などでお話しをすると、このように考えている女性は少なくありません。

これは、継続してキャリア構築をしていきたいという想いの詰まった前向きな言葉です。

しかし、この「両立すること」「両立できること」のみに目が向き、それがゴールになってしまうと、

  • 両立ができそうな職場を追い求める
  • 将来両立できなくなってしまうのは困るので、力を十分に発揮しない
  • 両立するうちに、「なんのために私はこんな大変な思いをして仕事をしているのか」と意味、意義を見出せなくなり、離職してしまう

など、

目標や、目指す姿に向かって、仕事に対するモチベーションを保ち、粘り強く主体的に取組むことには、つながりにくくなります。

大切なことは、「何がしたいのか」「組織の中でどんな風に自分の力を発揮していきたいのか」だと思うのです。

希望ある未来を描く支援を

もちろん、将来像が明確な部下なら、そこへ向かって邁進できるよう支援すれば良いでしょう。

もし、将来のことが深く考えにくい部下への、問いかけの一例を紹介します。

 

「今の自分のキャリアに点数をつけるとすると、何点?」

「〇〇さん(部下の名前)の100点ってどんな状態?」

もし、明らかに実現が難しいような、突拍子もない答えが出てきたら

「今の状況を踏まえた上で考えると、どう?」

 

人は、めざす姿が明確なほど、ハードルを乗り越え、主体的にやりがいを持って進んでいく事ができます。

そして、めざす姿(100点の状態)が明確になったら、それを実現するために出来ることを考えることができます。

 

3年後、5年後の自分は思い浮かばなくても、人は、潜在的にめざす姿を思い描いています。

そのめざす姿を引き出して聞くことが、これからのキャリアを考える一歩につながります。

ハードルの多い女性のキャリア構築には、上司の支援は大きな力となります。

部下が仕事や組織の中で希望が持てるよう、未来を一緒に描ける上司が増えるよう願っています。